address

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.8~ ver.7~ ver.14~ ver.5.1~ ver.11.5~
意味 連絡先
読み方 アドレス

カテゴリー

フロー・コンテンツ

親にできる要素/カテゴリー

フロー・コンテンツが期待される場所

子にできる要素/カテゴリー

フロー・コンテンツ
ただし、子孫にヘディング・コンテンツやセクショニング・コンテンツ、またheader/footer要素を含まないこと

<address 属性="値">~</address>

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

説明

 address要素は、それにもっとも近い先祖のarticle要素かbody要素の連絡先情報を表示します。

 「address」というと一般的な住所に関するもののように感じられるかもしれませんが、そのような使い方はしません。一般的な住所は、p要素などを使うようにします。

 address要素の性質上、多くの場合、footer要素の中で使われます。

サンプル

(body要素の内部のみ掲載)

<header>
<h1>りんご</h1>
</header>
<p>「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」と言われ、栄養が豊富な果物として知られています。</p>
<footer>
<address>連絡先:<a href="mailto:taro@ascii.jp">太郎</a></address>
</footer>

サンプル実行画像

よくある間違い、勘違い

 address要素には、連絡先以外の情報を含んではなりません。

Powered by Web Professional

目次