audio

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.9~ ver.7~ ver.14~ ver.5.1~ ver.11.5~
意味 音声の再生
読み方 オーディオ

カテゴリー

フロー・コンテンツ
フレージング・コンテンツ
エンベディッド・コンテンツ
controls属性がある場合はインタラクティブ・コンテンツ

親にできる要素/カテゴリー

エンベディッド・コンテンツが期待される個所

子にできる要素/カテゴリー

src属性がある場合は、0個以上のtrack要素と、それに続いてトランスペアレント。ただし子孫にmedia要素を持たない
src属性がない場合は、0個以上のsource要素と、それに続いて0個以上のtrack要素、さらに続いてトランスペアレント。ただし子孫にmedia要素を持たない

<audio 属性="値">~</audio>

属性 概要
src URL 音声のアドレス
preload 文字列 音声の先読み方法
autoplay 論理値 自動再生するかどうか
mediagroup 文字列 複数のメディア要素の連携
loop 論理値 繰り返し再生するかどうか
muted 論理値 音を出さないようにするかどうか
controls 論理値 再生コントロールを表示するかどうか

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

説明

 audio要素は、音声を再生するための要素です。

 src属性で、音声のリソースのアドレスを指定します。src属性を使わずに、audio要素内にsource要素を入れて、リソースのアドレスを複数指定する方法もあります。
 Webブラウザーごとで、対応する音声ファイルのフォーマットが異なります(下表)。そこで、source要素を複数指定して、各Webブラウザー用の音声ファイルを用意することをお勧めします。

Webブラウザー MP3 Ogg AAC
Internet Explorer 9
Firefox 7
Safari 5.1
Google Chrome 14
Opera 11.5

 preload属性では、音声の読み込み方法を指定します。以下の表の値を指定することができます。ただし、実際の動作はWebブラウザーに依存します。

動作
none 通信を抑える
metadata メタデータ(サイズや長さなどの情報)だけを先読みする
auto 音声全体を先読みする

 mediagroup属性では、複数の音声を1つにまとめて扱う際に、そのグループの名前を指定します。

 loop属性は論理属性です。この属性を指定すると、同じ音声を繰り返し再生します。

 muted属性は論理属性です。この属性を指定すると、音声を出さずに再生します。

 control属性は論理属性です。この属性を指定すると、再生コントローラー(再生ボタンや停止ボタンなど)が表示されます。再生コントローラーのデザインは、Webブラウザーによって異なります。

 audio要素に対応しないWebブラウザーを考慮して、audio要素の中にフォールバック用の一般のコンテンツを入れることもできます。audio要素に対応したWebブラウザーでは、そのコンテンツは表示されません。

 なお、Internet Explorer 8はVideo要素には対応していません。

サンプル

(body要素の内部のみ掲載)

<h1>audio要素の例</h1>
<p>
<audio controls autoplay>
<source src="sample.mp3" type="audio/mp3">
<source src="sample.ogg" type="audio/ogg">
<source src="sample.m4a" type="audio/aac">
このWebブラウザーは音声の再生に対応していません。
</audio>
</p>

サンプル実行画像

Internet Explorer 9での表示例

Firefox 7での表示例

Google Chrome 14での表示例

Safari 5.1での表示例

Opera 11.5での表示例

Powered by Web Professional

目次