b

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.8~ ver.7~ ver.14~ ver.5.1~ ver.11.5~
意味 注意
読み方 ビー

カテゴリー

フロー・コンテンツ/フレージング・コンテンツ

親にできる要素/カテゴリー

フレージング・コンテンツが期待される場所

子にできる要素/カテゴリー

フレージング・コンテンツ

<b 属性="値">~</b>

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

説明

 b要素は、他よりやや注意をひきたい部分を表すのに使います。文章内のキーワードや、レビューの中での商品名、記事のリード文などにb要素が適しています。

 他に適切な要素がない時に限って、b要素を使うようにします。例えば、重要なことを表したい場合は、b要素ではなく、strong要素を使うべきです。

 主要Webブラウザーは標準で、b要素を太字で表示します。
※Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari、Opera


サンプル

(body要素の内部のみ掲載)

<h1>良い話</h1>
<p><b>今日、友人のA君が結婚しました。</b></p>
<p>A君とは長年の付き合いで、いつもお世話になっていました。・・・</p>

サンプル実行画像

よくある間違い、勘違い

 HTML4.01ではb要素は太字を意味していましたが、HTML5では太字を表示する要素ではなくなりました。

Powered by Web Professional

目次