base

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.8~ ver.7~ ver.14~ ver.5.1~ ver.11.5~
意味 相対URLのベースとブラウジングコンテキストの指定
読み方 ベース

カテゴリー

メタデータ・コンテンツ

親にできる要素/カテゴリー

他のbase要素がないhead要素

子にできる要素/カテゴリー

<base 属性="値">

属性 概要
href URL 相対URLの基準となるベースURL
target validなブラウジングコンテキスト名か、_blank/_self/_parent/_topのいずれか ブラウジングコンテキスト

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

説明

 ドキュメントのベースURLと、デフォルトのブラウジングコンテキストを示します。

 ベースURLはhref属性で指定します。これにより、ドキュメント内の相対URLの基準はhref属性で指定したアドレスになります。

 デフォルトのブラウジングコンテキストは、target属性で指定します。これにより、target属性の指定がないリンク要素は、base要素のtarget属性で指定したブラウジングコンテキストになります。

サンプル

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>base要素 - サンプル</title>
<base href="http://www.ascii.jp/" target="_blank">
</head>
<body>
<p><a href="somepage.html">あるページ</a></p>
</body>
</html>

 このサンプルの場合、ベースURLが「 http://www.ascii.jp/ 」になりますので、「あるページ」のリンク先のアドレスは「 http://www.ascii.jp/somepage.html 」になります。

 また、リンクをクリックすると、「あるページ」は別ウィンドウ(target="_blank")に表示されます。

サンプル実行画像

よくある間違い、勘違い

 href属性が指定された複数のbase要素がある場合、最初のbase要素のhref属性が有効になります。

 同様に、target属性が指定された複数のbase要素がある場合、最初のbase要素のtarget属性が有効になります。

Powered by Web Professional

目次