bdi

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.未対応~ ver.未対応~ ver.未対応~ ver.未対応~ ver.未対応~
意味 双方向アルゴリズムからの分離
読み方 ビーディーアイ

カテゴリー

フロー・コンテンツ/フレージング・コンテンツ

親にできる要素/カテゴリー

フレージング・コンテンツが期待される個所

子にできる要素/カテゴリー

フレージング・コンテンツ

<bdi 属性="値">~</bdi>

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

※dir属性は特別な意味を持ちます(「よくある間違い、勘違い」参照)。

説明

 bdi要素は、双方向アルゴリズムから分離したい部分に使います。

 英語などの左から右に書く言語と、アラビア語やヘブライ語などの右から左に書く言語とを混在させた場合、通常は双方向アルゴリズムによって適切に表示されます。しかし、場合によっては意図しない順序で表示されることがあります。

 このような場合、bdi要素を使って、双方向アルゴリズムの適用から独立させたい部分を指定できます。

 ただし、執筆時点では、主要Webブラウザー※はbdi要素に対応していません。
※Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari、Opera

サンプル

(body要素の内部のみ掲載)

ユーザー <bdi>アラビア語の名前</bdi> : 10

 bdi要素に対応したWebブラウザーでは、上の部分は「ユーザー アラビア語の名前 : 10」のように表示されます。
 しかし、現状の主要Webブラウザーでは、bdi要素に対応していないため、上記の部分は双方向アルゴリズムによって「ユーザー 10 : アラビア語の名前」と表示されます。

よくある間違い、勘違い

 bdi要素のdir属性のデフォルト値は、他の要素とは異なり「auto」になります。

Powered by Web Professional

目次