command

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.未対応~ ver.未対応~ ver.未対応~ ver.未対応~ ver.未対応~
意味 コマンド
読み方 コマンド

カテゴリー

メタデータ・コンテンツ
フロー・コンテンツ
フレージング・コンテンツ

親にできる要素/カテゴリー

メタデータ・コンテンツが期待される場所
フレージング・コンテンツが期待される場所

子にできる要素/カテゴリー

<command 属性="値">

属性 概要
type 文字列 タイプ
label 文字列 ラベル
icon URL アイコン画像のアドレス
disabled 論理値 無効化するかどうか
checked 論理値 チェックするかどうか
radiogroup 文字列 ラジオボタンのグループ名

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

説明

 command要素は、ユーザーが起動できるコマンドを表します。

 menu要素を使ってメニューやツールバーでのコマンドを作る場合や、ページ内の任意の箇所でキーボードショートカットを定義する際に使います。

 type属性に指定する値で、コマンドの種類を指定します。以下の種類を指定できます。

種類
command 通常のコマンドを表す要素
checkbox 状態のオン/オフを切り替えられる要素
radio 複数の項目から1つを選ぶ要素

 label属性は、コマンドの名前を表し、ユーザーに表示されます。label属性は必須で、かつ空でない値であることが必要です。

 title属性は、コマンドのヒントを表します。

 icon属性では、コマンドを表す画像のアドレスを指定します。

 disabled属性は論理属性で、この属性が指定されれば、コマンドが無効になっていることを表します。

 checked属性は論理属性で、この属性が指定されれば、そのコマンドが選択されていることを意味します。ただし、type属性がcheckboxかradioではない場合、この属性は省略しなければなりません。

 radiogroup属性では、ラジオボタンのグループの名前を指定します。ただし、type属性の値がradioではない場合、この属性は省略しなければなりません。

 本書執筆時点では、主要Webブラウザーにcommand要素は実装されていません。
※Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari、Opera

サンプル

(body要素の内部のみ掲載)

<menu type="toolbar">
<command type="radio" radiogroup="color" label="赤" onclick="setColor('red')">
<command type="radio" radiogroup="color" label="黄" onclick="setColor('yellow')">
<command type="radio" radiogroup="color" label="緑" onclick="setColor('green')">
<command type="command" label="線" onclick="drawLine()">
</menu>

サンプル実行画像

 主要Webブラウザーにcommand要素が実装されていないので画面はありません。
Powered by Web Professional

目次