kbd

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.8~ ver.7~ ver.14~ ver.5.1~ ver.11.5~
意味 入力
読み方 ケービーディー/キーボード

カテゴリー

フロー・コンテンツ/フレージング・コンテンツ

親にできる要素/カテゴリー

フレージング・コンテンツが期待される場所

子にできる要素/カテゴリー

フレージング・コンテンツ

<kbd 属性="値">~</kbd>

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

説明

 kbd要素は、入力する内容(主にキーボードからの入力)を示します。キーボード以外からの入力(メニューの選択や、音声での入力など)も示すことができます。

 kbd要素がsamp要素の中にある場合、入力したものがそのまま画面に表示されたような状況を意味します。

 kbd要素がsamp要素を含む場合、出力されたものを操作したような状況を意味します(メニューの操作など)。

 また、kbd要素がkbd要素を含む場合は、複数の入力をまとめるような状況を意味します(Ctrlキーと他のキーを同時に押す場合など)。

 主要Webブラウザーは標準で、kbd要素部分を等幅フォントで表示します。
※Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari、Opera

サンプル

(body要素の内部のみ掲載)

<h1>操作手順</h1>
<p>対象の要素をクリックした後、<kbd>Enterキー</kbd>を押してください。</p>

サンプル実行画像

Powered by Web Professional

目次