object

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.8~ ver.7~ ver.14~ ver.5.1~ ver.11.5~
意味 オブジェクトの埋め込み
読み方 オブジェクト

カテゴリー

フロー・コンテンツ/フレージング・コンテンツ/エンベディッド・コンテンツ/usemap属性がある場合はインタラクティブ・コンテンツ

親にできる要素/カテゴリー

エンベディッド・コンテンツが期待される個所

子にできる要素/カテゴリー

0個以上のparam要素と、その後にトランスペアレント

<object 属性="値">~</object>

属性 概要
data URL 埋め込むリソースのアドレス
type 文字列 埋め込むリソースのMIMEタイプ
name 文字列 ブラウジングコンテキスト
usemap 文字列 イメージマップ名
width 文字列 埋め込むリソースの幅
height 文字列 埋め込むリソースの高さ

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

説明

 object要素は、外部のリソースを組み込むことを示します。画像やiframeのような別のブラウジングコンテキスト、またプラグインによって処理される外部リソースを組み込めます。

 data属性で、埋め込むリソースのアドレスを指定します。また、type属性でリソースのMIMEタイプを指定します。

 name属性を指定する場合、Validなブラウジングコンテキスト名を指定する必要があります。

 組み込むリソースが画像の場合、usemap属性でイメージマップを指定できます。

 組み込むリソースの種類によっては、param要素を使って動作のパラメータを指定できます。

 また、object要素の中にparam要素以外があって、そのオブジェクトを表示できなかった場合、そのparam要素以外の部分がフォールバックコンテンツとして表示されます。

サンプル

(body要素の内部のみ掲載)

<h1>object要素</h1>
<p>
<object type="application/x-shockwave-flash" data="sample.swf" width="400" height="100">
この環境ではFlashを再生することはできません。
</object>
</p>

サンプル実行画像

 なお、Webブラウザーの設定でFlashがオフになっていたり、Flashに対応していない環境では(iPadなど)、上記のサンプルを開くとフォールバックが機能して、「この環境ではFlashを再生することはできません。」と表示されます。

Powered by Web Professional

目次