q

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.8~ ver.7~ ver.14~ ver.5.1~ ver.11.5~
意味 引用
読み方 キュー/クオート

カテゴリー

フロー・コンテンツ/フレージング・コンテンツ

親にできる要素/カテゴリー

フレージング・コンテンツが期待される場所

子にできる要素/カテゴリー

フレージング・コンテンツ

<q 属性="値">~</q>

属性 概要
cite URL 引用元のアドレス

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

説明

 q要素は、他の文献などから引用したフレージング・コンテンツを表示します。引用元のアドレスがある場合は、そのアドレスをcite属性で指定できます。

 主要Webブラウザーの標準では、q要素の部分は引用を表す記号で囲まれます。Internet Explorer 8/9では角括弧、その他のWebブラウザーではダブルクオーテーションマークが表示されます。
※Internet Explorer、Firefox、Google Chrome、Safari、Opera


サンプル

(body要素の内部のみ掲載)

<h1>HTML5のq要素について</h1>
<p><q>q要素は引用を表します。</q>ということを、書籍「<cite>HTML5リファレンス</cite>」で学びました。</p>

サンプル実行画像

 Internet Explorer 9での表示

 Firefox 7での表示

よくある間違い、勘違い

 引用を示す記号(クオーテーションマークなど)を、q要素の前後や内部に入れてはなりません。引用記号の表示は、スタイルシートで指定します。

 <q>"q要素は引用を表します。"</q>ということを、書籍「<cite>HTML5リファレンス</cite>」で学びました。
 <q>q要素は引用を表します。</q>ということを、書籍「<cite>HTML5リファレンス</cite>」で学びました。
Powered by Web Professional

目次