track

提供: ASCII.jp HTMLリファレンス

ver.未対応~ ver.未対応~ ver.未対応~ ver.未対応~ ver.未対応~
意味 メディア要素のテキスト・トラック
読み方 トラック

カテゴリー

なし

親にできる要素/カテゴリー

メディア要素の子要素として、かつフロー・コンテンツの前

子にできる要素/カテゴリー

なし

<track 属性="値">

属性 概要
kind 文字列 トラックの種類
src URL トラックのアドレス
srclang 文字列 トラックの言語
label 文字列 トラックのラベル
default 文字列 有効

グローバル属性

accesskey,class,contenteditable,contextmenu,dir,draggable,hidden,id,lang,spellcheck,style,tabindex,title

説明

 track要素は、メディア系要素に字幕などのテキストトラックを指定する際に使います。track要素自身は何も出力しません。

 kind属性は列挙型の属性で、トラックの種類を指定します。表にある属性の値を指定します。

キーワード 概要
subtitles 音声が聞こえるものの、理解しづらい時のための書き写しや翻訳を表します。動画の上に表示されます
captions 音声が聞こえない時のための書き写しや翻訳を表します。動画の上に表示されます。「難聴向け」として適切にラベルが付けられます
descriptions 動画を見られないときのための、動画のテキストでの説明を表します。合成音声で再生されることを想定しています。音声トラックとは分離して音声合成されます
chapters ナビゲートのためのチャプタータイトルを表します。ユーザーエージェントにリストとして表示されます
metadata スクリプトから利用するためのトラックを想定しています。ユーザーエージェントには表示されません

 src属性で、テキストトラックデータのアドレスを指定します。また、srclang属性で、テキストトラックの言語を指定できます。

 label属性は、トラックの名前を指定することができます。このタイトルはユーザーエージェントに表示されます。

 default属性が指定された場合、そのトラックが標準で有効になることを表します。1つのメディア要素に含まれる複数のtrack要素の中で、1つのtrack要素にだけdefault属性を指定します。

 ただし、執筆時点では、track要素に対応したWebブラウザーはありません。

サンプル

(body要素の内部のみ掲載)

<h1>track要素の例</h1>
<p>
<video width="427" height="240" poster="fireworks.png" autoplay controls>
<source src="fireworks.mp4" type="video/mp4">
<source src="fireworks.ogv" type="video/ogg">
<source src="fireworks.webm" type="video/webm">
<track src="track.srt" kind="subtitles"></track>
このWebブラウザは動画の再生に対応していません。
</video>
</p>

サンプル実行画像

 執筆時点では、track要素に対応したWebブラウザーはありません。
Powered by Web Professional

目次